西原良三さんの冬の食事事情

###Site Name###

寒い冬は、身体を暖めるために温かいものを食べたいものです。西原良三さんは冬になると、スープなどの温かいものを自宅ではよく食べています。

西原良三さんは冬になるとよく作っているのが鍋です。鍋なら肉や魚と一緒に野菜も沢山取れて、しかも作り易く非常に便利です。
最近では小分けにした鍋の素が売られています。ポーションタイプやキューブタイプなど様々です。こういった鍋の素を西原良三さんは利用しています。 気軽に使えるのが便利で気に入っています。
翌日の食事も考えて多めに作る事も、1食だけ作るのにも小分けにしてある鍋の素なら思いのままです。その使い易さに西原良三さんは魅了されています。
多めに作れば翌日もしっかりした食事が出来て便利なのが、鍋のメリットです。

さらに色んな味があるのも西原良三さんにとってポイントが高いです。最近では寄せ鍋やキムチ鍋だけでなく、豆乳鍋やカレー鍋などもあります。 沢山の味があるので、それらを使えば冬も乗り切れると西原良三さんは豪語しています。
種類豊富な鍋の素は、アレンジも利き易いです。 西原良三さんは普通の食べ方に飽きた時は、ご飯を入れておじややリゾット風にしてみたり、パスタを入れてスープパスタのようにして食べています。

西原良三さんの冬の食事は、鍋だけではありません。冬といえばおでんです。西原良三さんはおでんのパックを買って家で食べています。
こちらも煮込むだけで完成するので作りやすく、重宝しています。コンビニなどで1つ1つ買うよりも経済的なのもメリットです。 色んなものが食べられるので必ず1つは家にストックしています。
けれど時々コンビニおでんの誘惑に負けて、夜におでんを買って帰ります。それだけおでんは魅力があると開き直って考えています。 西原良三さんはコンビニで買う際はメジャーなものと、普段は食べないものをチョイスしています。

手軽に作れて野菜もしっかり取れる。翌日にも食べられる鍋やおでんを西原良三さんは冬に良く食べています。 作りやすさやバリエーションの豊富さもあり、栄養もしっかり取れるので冬の食事にぴったりといえます。